空と大地と気高い心

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザとケムトレイル!!

<<   作成日時 : 2009/05/17 13:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

とうとう日本でも、人・人感染が始まった新型インフルエンザ!!
巨費と人材を大量投入して水際作戦が、
茶番劇であることが証明された!!
人口散布であれば、水際作戦など所詮、
何の効果も有り得ようはずがない!!



 信じようと信じまいと、既に国内感染が始まっていると言うことは、国内にウィルスが多量に『散布』されていることは証明された。感染者は氷山の一角である。潜伏期間は7日間と言われているから、潜在感染者はその何十倍にも及ぶ。これは論理的帰結である。

 感染経路はと言うと、特定されていない。渡航ルートではないことははっきりしている。ならば、空中散布しか考えられないではないか。豚が空を飛ぶ
はずがない。その他考えられるのは、人為以外にない。ワクチンに混入したことも考えられるが(これは実際にあったことである)、感染当事者がワクチンを7日間以内に投与したとは報じられていないから、可能性は空中散布が最も考えられる。


Photo

<大阪市内から神戸方面の空>


 これが、素直な推理というものである。明智小五郎だって、そう推理する。

Photo_2

<大阪守口市の写真>


 そこに、ケムトレイルが存在する。物証を求めようとすれば、可能だが、その意向は全くない。関係当局には、全くない。だから、素人が推測するのである。

 直近でのケムトレイルは頻繁だ。空を見上げればケムトレイル。あきれてものが言えない。

 犯罪捜査は、疑って掛かるのを常套とする。ならば、疑うべきだ。花粉を採取する技術があるのだから、感染地域の空中のゴミ・花粉・異物を徹底採集して、培養検査を丹念に行えば、端緒を得ることが出来るであろう。


 ケムトレイルが、妄想・陰謀として排除する前に、すればいいのだ。

Photo_3

<奈良県:いずれの写真もhttp://hidemaro36.bbs.fc2.com/ より引用>


 ケムトレイルは実在する。ドイツ政府が認め、米国政府も気象目的には認めた。様々な機関がその追及をしている。そして、散布物質についても、物証が挙げられている。内部告発もある。その中には、明確にバクテリア・ウィルス散布が言及されている。つまり、自白があり、状況証拠があるのだ。普通はそれらが有れば、捜査を開始するのが、犯罪捜査ではないのか。


 近時の大阪周辺のケムトレイル写真と、動画を掲載する。動画は再掲となるが、良く纏まっているので、スペイン語かポルトガル語か分からないが、その分を選んだ。雰囲気は了解出来ると思う。

 そして、ケムトレイルを散布する作業に干渉するUFO動画を合わせて、掲載する。この事はマシュー君のメッセージを彷彿させる動画である。

 いずれにしても、懲りない面々が、しびれを切らして、やりたい放題ではあるが、大した問題ではない。新型インフルエンザは、これまでのインフルエ
ンザに比べて大したものではない。もし罹っても、丁度の休養ぐらいに安静にしていれば済む問題である。まだ、世間が乱痴気騒ぎをしているわけだから、そうもいくまいが、それは騒がすことが目的であるのだから、あきらめて従うしか有るまい。しかし、心配は無用である。



CHEMTRAILS - EL INFORME EXCLUSIVO
http://www.youtube.com/watch?v=t3HzyXJE9oc
。 



UFO interference against tankers that destroy a cloudy system (ケムトレイル散布に干渉するUFO)
http://www.youtube.com/watch?v=VYQuTMdQONI   



【参考資料転載開始】

2006年06月29日

米国政府・空軍により推進される「ケムトレイル計画」の深層

 戦闘機により1、2時間ごとに絶える事なく薬物が散布され、散布された地域に住んでいる全ての市民が、強制的に薬物を吸い込み病気にさせられるケムトレイル計画。
 散布されるのは濃度の薄い毒物、またはブルセラ菌(風邪に似た咳、喉の痛み、熱を引き起こす)などの病原菌であり、軍隊は、どの菌を、どの程度の量、どの高度から散布する事が一番有効か、散布した地域の病院からの患者発生率を採取し統計を取っている。市民全員への強制的な人体実験。


 ケムトレイルは現在の実験段階を越えると、やがて濃度を濃くした本格的な毒物が散布される段階に入る。その最終目的は2つに分かれる。

A. 反戦デモ等の起きている地域、反戦デモ会場等に、マスタード・ガス、サリン・ガス等を散布し、戦争に反対する人間達を全員殺害し、反戦運動を撲滅する。

B. 地球上で生産出来る食料、石油等のエネルギーには限界がある。それに対して人口は爆発的に増加しつつある。この矛盾を最も適格に把握しているのが石油開発に従事している業者、ロックフェラー一族等である。
 富裕層が豊かな生活を維持して行くためには、爆発する人口を「減らす」必要がある。富裕層が「人種的に劣る」と判断した人種、または貧困層の住む地域に病原菌、毒物を散布する事で「不要な」人間達を全員殺害すれば、資源の「効率的な」使用が可能になる。
 日本人にだけ、あるいは黒人にだけ発病するように、遺伝子操作を加えたペスト菌、コレラ菌を製造する事は簡単である。


 ケムトレイル計画の目的は、反戦運動の撲滅、と「劣等人種」と貧困層の皆殺し、大量虐殺、つまり地球全体のアウシュヴィッツ化である。

1. 第二次大戦中、日本は中国に侵略を行い、黒竜江省のハルビンに生物化学兵器(以下BC兵器)研究所を作った。悪名高い石井四郎、内藤良一を中心とした陸軍731部隊は、中国人3000名に対しコレラ菌等による過酷な人体実験を行った。
 しかし、軍人にバイオテクノロジーの知識があるばずもなく、実際には日本国内から派遣された科学者が人体実験を行った。その科学者の大部分は日本の代表的薬品メーカー武田製薬の研究者であり、731部隊の実態は武田製薬満州支部だった。


2. 過酷な人体実験のデータは戦後、武田製薬の事業提携先の米国モンサント社に手渡された。モンサント社の親会社は、ブッシュ大統領一族の経営する銀行ブラウン・ハリマンであり、モンサントの子会社はラムズフェルド国防長官の経営するGDサール社である。

3. モンサントは731部隊の研究成果を生かし、ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤等を開発した。農産物を全滅させる目的で使用された枯れ葉剤の中身は、強烈な発癌物質ダイオキシンである。
 ベトナムでは現在も、枯れ葉剤の影響でたくさんの奇形児が生まれている。モンサントは現在、枯れ葉剤を「除草剤」として販売しているが、除草剤は雑草だけでなく農産物も枯らしてしまう。そのためダイオキシンでも枯れない農産物の種を開発するため、遺伝子組替え技術が開発され、遺伝子組替え食品が開発された(つまり遺伝子組替え食品はダイオキシンに汚染されている?)。
モンサントは現在、世界最大の遺伝子組替え技術の特許を持つ独占企業である。


4. 米国は現在、人類を数千回、全滅出来る核兵器を持っているが、その核兵器の起爆装置の70%は、モンサントが製造している。モンサントは核兵器のメーカーでもある。繰り返しになるが、モンサントの親会社は、ブッシュ一族のハリマン銀行である。

5. 731部隊の指導者、内藤良一は過酷な人体実験の「成果」を使用し、戦後、製薬企業ミドリ十字を創立する。ミドリ十字は、汚染された血液製剤を平然と販売し、薬害エイズ事件、C型肝炎事件を起こした。ミドリ十字の実態が731部隊であれば、事件は当然とも言える。
 倒産したミドリ十字の「科学者」は全員、731部隊の武田製薬に再就職している。



6. 内藤良一は戦中1930年代、米国ニューヨーク・シティ64〜68番地にあるロックフェラー研究所にBC兵器の情報収集に来ている。
 ロックフェラー研究所は米国のBC兵器開発の中心だった。石油王ロックフェラーは、その石油の運搬をブッシュ一族の鉄道王ハリマン銀行に行なわせていた。ブッシュ一族は、ロックフェラーから仕事をもらい事業家として成功した。
731部隊とモンサントの協力関係の背後には、ブッシュ一族とロックフェラーのバックアップが存在した。



7. 日本の中国侵略、満州建国の資金もブッシュのハリマンの子会社シティバンクから出ていた。
 北京でコレラ菌、チフス菌を使用したBC兵器を研究・開発していた日本陸軍第1855部隊は、北京協和医学院という研究所を持っていたが、それはロックフェラーが運営していたものだった。


8. 日本軍の支配する満州には、ロックフェラーの一族が自由に出入りし事業を行っていた(1923年5月、満州鉄道を盗賊が襲い、乗っていたロックフェラーが人質になった臨城事件等は有名)。

9. BC兵器開発における、731部隊とブッシュ、ロックフェラーの関係は、ドイツのヒトラーに及ぶ。ロックフェラーは戦闘機、戦車用燃料をヒトラーに提供し続け、ブッシュはヒトラーの最大資金源である化学企業IGファルベンに資金を融資し続けた。
 
ブッシュの資金で、ファルベンは化学兵器チクロンBガスという毒ガスを開発し、その毒ガスは、アウシュヴィッツ強制収容所でユダヤ人を大量虐殺するために使われた。ファルベンはBASF、ヘキスト、バイエルンという3つの化学企業が合同したものだが、鎮痛剤アスピリンで有名なバイエルン社は、米国の製薬会社メルクからアスピリンの製造許可を貰っている。
 アスピリンを開発したメルクは、ドイツではファルベン(バイエルン)を提携先にしアスピリンを売り、米国ではモンサントにアスピリンを売らせていた。
 1942年、米国政府がBC兵器の実戦使用のため作った、「戦争研究部局WBC」の委員長ジョージ・メルクはメルク社の社長だった。


10. こうして第2次大戦中、731部隊、武田製薬、モンサント、ブッシュ、ロックフェラー、ファルベン、ヒトラー、メルク・・・は、日米独のBC兵器ネットワークを形成していた。
 このネットワークの西側・ドイツではアウシュヴィッツで大量虐殺が行われ、東側・満州ハルビンでは731部隊の人体実験・虐殺が行われた。
 米国でも、ユタ州のグラニット山の山中の演習所で4000人の科学者を動員し、人体実験が繰り返された。


11. 米国でのBC兵器研究は、戦争が始まると大規模化し、ヘンリー・スティムソン陸軍長官、ロバート・ラヴェット陸軍次官(=ブッシュのハリマン銀行の法律責任者)の手によって、ロックフェラー研究所から、メリーランド州のフォート・デトリック陸軍伝染病医学研究所に移される。フォート・デトリックは元々、メリーランド州の州軍隊の第104飛行中隊の訓練所であり、滑走路
が整備されていた。米国政府がそこを選んだのは、最初からBC兵器を戦闘機により空中散布(ケムトレイル)し、無差別大量虐殺を行う目的があったためである。ガス室で使用したドイツ軍と、米国との発想の違いが、そこに出ている。
米国のBC兵器研究・開発は最初からケムトレイルだった。【転載終了】


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型インフルエンザとケムトレイル!! 空と大地と気高い心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる