待っていた! 国士論客、副島隆彦の言葉!!

副島先生が吼える!!
日本の最もまともな論客の一人、
副島先生の咆哮は、全く、同感で、本質を衝いている!!
 



 想像していた。予測していた。それに大きくズレはない。本質を見事に衝いている。誰もが、傾聴(読)すべき事である。

 多くを書き連ねる必要は、さらさらにない。ただでさえ、長い文章だ。先ずは、傾聴(読)。お願いしたい。


Photo

【転載開始】<前略>


副島隆彦です。http://www.snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi


 まず、書いておかなければならないことは、今度の事件を始めに仕掛けたのは、朝日新聞である。朝日新聞が、西松建設の裏金の問題と、不正献金の疑惑と称して、ずっと早くから紙面でキャンペーンを張っていた。

 
 朝日は、日本国民の普通の理解では、読売新聞と争って、リベラル派で、進歩的で、アメリカに批判的な立場だということになっている。そんなことはない。今
の朝日新聞は、読売や産経、文藝春秋などと同じで、巧妙な、アメリカの手先である。小泉・竹中改革(アメリカの言うとおりの日本からの資金強奪計画だっ
た)を一番、応援したのは朝日新聞だ。


 朝日の現場の記者たちには、まだ、左翼リベラルであり、小泉改革で、貧しい国民が、どんどん会社を辞めさせられてゆく現状を批判している一線の現場の記者たちがたくさんいる。

 
しかし、私は前にも何度も書いたが、朝日の一番上から、経営陣(社長たち)さえも押さえつけて、主筆(役員待遇、前ワシントン総局長)の船橋洋一・玲子夫
妻が、内部で記事の統制をやっている。船橋洋一はデイヴィッド・ロックフェラーの日本の忠臣のひとりだ。だから朝日新聞が、反米のリベラル派である、というのはウソである。そういう型にはまった見方は、今は通用しない。朝日の内部の良心的な記者たちが、船橋体制を突き崩してほしい。


 西松建設の裏金への検察の計画的な摘発については、あとの方の記事に全体概要を転載する。

 こんどの事件は、「検察の勇み足」ということで、終わるだろう。西松建設の裏金摘発事件として、ずるずると検察はやるだろうが、小沢一郎つぶしの策動としては、アメリカの完敗である。

 あとの方に載せる記事の通り、小沢が、この23日に、「アメリカ軍の日本駐留は、第七艦隊(横須賀基地他)で十分だ。防衛でも日本のことは日本人で出来る」という発言があって、それに、アメリカの日本管理対策班(ジャパン・ハンドラーズ)たちが、カリカリしただろう。

 
駐日大使になるだろうと数週間前に一斉に日本の新聞で報道された(が、いっこうに日本にやってこない)、ジャパン・ハンドラーズの一人、ジョゼフ・ナイ
(クリントン政権の国防副長官だった男だ)は、去年の12月末に日本にやってきて、民主党の中のアメリカと近い勢力の、前原誠司副代表に対して、「今の民主党の外交政策がそのまま政権を取ったときに採用されたら、アメリカはそれを反米行為と見なす」と脅しつけた。

 
アメリカは、日本が、小沢一郎民主党のもとで、アメリカから自立して「正常な国」(ノーマル・カントリー)としてやっていこうとする動きを感じ取って、国策捜査を仕掛けて小沢一郎をたたきつぶすことを、それとなく指示したのだろう。田中角栄元首相が、中曽根康弘の代わりにロッキード事件で逮捕されて以来、日本の政治家の中には「アメリカの虎の尾を踏んだら大変なことになる」という考えが生まれた。アメリカで「米国債を売りたいという誘惑に駆られる」とニューヨークで発言した、橋本龍太郎元首相に対しても、執拗(しつよう)なアメリからのスキャンダル攻撃が仕掛けられた。


 これらの政治家はアメリカとの距離を取ろうとしているので、中国に接近しているのは確かだろう。しかし、重要なのは日本がどこの国からも操られないと言うことだ。今回の、小沢一郎に対する捜査がこれほどに急に行われたのは、背後にアメリカの怒りがある。

 
今、鳩山邦夫総務大臣が中心となって、麻生太首相と連携して、アメリカの手先の竹中平蔵と小泉純一郎元首相が、アメリカの要求を忠実に実行した、郵政民営化の見直しを始めている。先週の田原総一郎の「サンデー・プロジェクト」には、2005年の郵政選挙でホリエモンを「刺客」(刺客)に送り込まれた、亀井静香・国民新党代表代行が、竹中平蔵の郵政疑獄を検察庁に訴えると凄んでいたが、その翌日に小沢事務所への特捜部の強制捜査が入ったのだ。


 その前の、2月17日の、ヒラリーとの小沢の会談で、「日米同盟は、対等の関係でなければならない。そのことを、日本側が、(勝手に卑屈になって)アメリカに言わなかったことが問題だ」と、ヒラリーに、直接、言い放ったことも重要だ。

小沢一郎は、偉いのだ。本当に偉いのだ。 「自分のことは自分でします。できない分だけ、ご支援ください」という、生き方、考え方が、人間として、まっとうなものだ。まず、始めにこのことを言えない、考えない人間が、他の事をあれこれ、言い出すのは間違っている。 まず、頭から、始めに、アメリカ軍が、日本
を守ってくれるのが当然で、自然で、当たり前だ。という考えをする者たちは、大間違いだ。売国奴どもだ。

 
産経新聞(フジ産経グループ)や、読売新聞の幹部ども(ナベツネ派)や、文藝春秋(ついに、ゴロ雑誌の「諸君」が廃刊になる)や、新潮社(どうして、こうなったのか)などに、心酔して、「そうだ、そうだ、日米同盟が最優先だ。アメリカと共に、中国と戦うのだ」と、言わないと済まない馬鹿たちを、今こそ、あぶりだして、順番に、筆誅(ひっちゅう)を加えなければいけない。


 「自分のことは、自分でします」「自分の国は、自分たちで守ります」と、素朴に、きっぱりと言えないような、人間は、おかしいのだ。 洗脳されているのだ。この一行が言えないような人間は、愚か者たちだ。卑怯で、卑劣で根性の曲がった人間どもだ。

 産経・読売・文春右翼たちは、自分たちのことを、愛国者(民族主義者)で、現実主義者(リアリスト)だと、考えている。そして、その実態は、盲目的な、アメリカの手先、子分どもである。会って話しても、実に卑しい人間たちだ。

 
それに対して、比較相対的に、頑張っているのが、毎日新聞だ。毎日新聞が、今は、日本国民の利益にたって記事作りをしている。毎日新聞とTBSは、朝日、読売に対する第三勢力である。しっかりした記者たちがまだまだたくさんいる。政治家の近くに寄っていって、毒を盛ったり、スキャンダル記事で刺し殺したりするようなことはしない。頑張れ、毎日、TBSだ。



 が、TBSの朝の、あの、みのもんた の アホ野郎を、何とかしろ。このふてぶてしい、電波芸者の顔を見るだけで、私は、不愉快だ。TBSも今は、相当に公共放送としての良心をなくしている。デイヴィッド・ロックフェラー=電通(ヤング・アンド・ルビカム)の軍門に下っている。

 小沢一郎の、今日の記者会見の全文が、毎日新聞のネットにあったので、これを、あとで、貼り付けます。

 
日本の検察までを、使って、小沢潰(つぶ)し、追い落とし、を狙ったのは、ヒラリー派(シティバンクが、遂に潰れそうで、株価がついに1.5ドルで、さらに1ドル割れになって、気が狂いそうになっているデイヴィッド・ロックフェラーの直属)だ。ヒラリーの直接の対日官僚たちが、今回の、小沢への司法攻撃を、画策してやらせた。


 だから、「公権力を不正に使った検察による日本のデモクラシー(民主政治、国民政治)に対する攻撃」という小沢一郎の、表明も、控えめなものである。小沢は、自分を、ヒラリー派(2年後には、オバマを追い落として大統領になるだろう)が狙って仕掛けたのだということを知っている。山岡や興石(おきいし)たち忠臣たちだけでなく、鳩山由紀夫までが、「検察を使った政府の陰謀だ」と公言した。以下の新聞記事の中にある。 

 今の自民党・麻生政権には、そういうことをやっている暇はない。麻生を支えている、森喜朗系の暴力団的政治家集団も、野中広務系(小渕優子、野田聖子、石破茂、古賀誠、二階俊博たち)も、こんなきたないことはしない。 アメリカと連携している、小泉純一郎、竹中平蔵、武部勤たちが、アメリカからの連絡をもらっている。

 これに中川秀直、小池百合子グループが、「小沢を倒して、民主党を乗っ取って、自分たちが政権を取る」という、策を、ヒラリー派対日アメリカ官僚たちに、教育、指導されながら、実行に移している。 そして、この動きは、緒戦で、失敗している。彼らは、今、困っている。

 
それでも何食わぬ顔をして、次の新たな手を考えている。 きたならしい、自分を現実重視の、きたない政治家(リアリスト)だ、と、自覚もしている。アメリカ(帝国)の大きな力に従うのが、勝ち組の当然のお作法だと、信じ込んでいる。この長年染み付いた、日本人の奴隷根性(属国根性)が、直らない。それを、
小沢一郎は、日本国民に、改めよう、自立しよう、自分の力で堂々と、平和国家として、生きてゆこうと、私たちに訴えている。偉い。 私、副島隆彦の考え、
生き方と、完全に、一致する。


小沢が偉いのは、今度の総選挙(遅くとも、5月か)で、民主党が、比較第一党(220議席ぐらいか。 自民党を、106議席減らして、200議席割れにする)になったら、ある種の連立政権を作って、それで、官僚たちを、たたきのめそうとしていることだ。 今回の、法務省・検察官僚どもの、醜悪な行動もそうだ。

 財務官僚、金融庁、厚生労働省、総務省(戦前の内務官僚ども)、国土交通省、などの官僚たちが、アメリカの意向と指図で動いて、愛国派の政治家や財界人たちに襲い掛かるのだ、という今の、日本の恐ろしい構造を、徹底的に、破壊しようとしている。これがすばらしいのだ。

 
小沢一郎は、なんとか政権を取ったら、貧乏で金が無くてろくに政策・政治手腕の勉強をしていない若い民主党の政治家たちを、副大臣だけでなく、各省の本省の局長 のポストにも、すべて100人ぐらいを座らせようとしている。そうすれば、日本の官僚体制、官僚支配、官僚どもによる愚劣なる政治は、終わる。本当に終わる。


 官僚(高級公務員)どもが、政治をやってはいけないのだ。政治は、国民の代表である、議員=政治家たちが、公務員たちを、しっかりと使って、やらなければいけないのだ。この、基本のところを、小沢一郎は、やろうとしている。アメリカが、自分の忠実な、ワンコロ、手先にしてしまっている日本の各省の官僚どもに権限を、徹底的に、奪い取り、解体しなければいけないのだ。

 この小沢一郎の官僚体制(日本の宿痾(しゅくあ)、重病)打倒、官僚どもを皆殺しにしようとする政策が、今度の選挙の争点として、一番、なによりもすばらしいのだ。

 
それに対して、「そんなことは、どうせできない。官僚制を無くすことはできない絶対にできない。官僚たちは必要だ。試験に優秀な成績で受かったのだから、彼らの能力を認めるべきだ(一般大衆は、それに従っていればいい)。政治家たちはワルモノ(悪者)だ」という、愚劣な、リアリスト(きたない現実重視の考えをする人たち)たちとの、言論戦、思想闘争に私たちは負けてはいけない。


 選挙で選ばれた国民の代表者たちである政治家(議員)たちに、本当の権力を与えなければいけないのだ。 それが、アメリカの日本支配を打ち破る最短の、そして、真っ当な正面からの戦略となる。

 
今の日本の政治家(国会議員)たちは、偉いのだ。たとえ共産党であろうと、社民党でも、公明党でも政治家は、どぶ板を踏んで、選挙区の有権者たちを抱えて、彼らに膝まづくようにして、一票、一票をいただいているから、決して傲慢になることがない。有権者(国民)の代表でである自覚がある。それに対して、官僚どもには、顔がない。たとえ、事務次官(各省のトップ)でも、全く顔がない。

 
表に出てこないで、裏方(うらかた、黒子、くろこ)に徹しているとされているので、だから、国民の見えるところで、動かない。それで、悪いことばかりする。官僚になっている者たちの、やることのえげつなさ、と悪辣(あくらつ)さを、自分の職業(業界)の実務を通して、知っている人から上が、この世の中の大人(おとな)だ。このことを、実感で知らない人間は、自分のことを、この国のひよこ、小児 だと、思ったほうがいい。実社会の苦労というのを、していない人間だ。馬鹿な家庭の主婦と同じだ。


 旦那に捨てられて、自立するしかなくなって、それで、子供を抱えて必死で生きている女たちのような苦労もなく、馬鹿テレビ番組を、昼間も見て、それで、それらの共感している程度の、愚か者たちだ。「小泉さーん、かっこいいー」と嬌声(きょうせい)をあげた、女どもから、選挙権を奪い取れ。

 
小沢一郎は、顔が悪いから、女に人気がない、と悪口を言われている。私、副島隆彦だって、顔が悪いから女にずっと好かれなかった。そんなことはどうでもいいか。 それで、日本国民が、自分の国の政治家たちを信頼しないように、「政治家というのは、悪者(わるもの)がなる職業で、政治家というのは、悪人(あくにんだ)」と、日本国民を、洗脳した。


 テレビと、それから、学校教育(アメリカのニューディーラー=初期グローバロストどもの日本国民洗脳道具が文部省だ。日教組攻撃をしていれば、自分は愛国者だと思い込める愚劣なゴロツキ・タイプの右翼人間を、長年、はびこらせ、増長させた。産経、読売右翼どもだ ) のせいである。

 
だから、私たちは、私たちの政治家(私たちの代表)を大事にしなければいけない。自民党の中にも、立派な政治家(幹部では堀内光雄氏たち)は、今もたくさんいる。 政治家たちに、アメリカの手先になって、暗躍、跳梁(ちょうりょう)している官僚どもを、成敗させなければいけないのだ。


 官僚が一番怖いのは、政治家たちが、団結して、官僚どもの権限を、奪い取り、たたきのめす、と決めたときだ。国家体制上は、官僚(高級公務員)は、閣僚、国会議員の家来(けらい)、子分である。

 政治家たちが、官僚の任免権(人事権)を握っているのだ。アメリカの手先になって、小泉・竹中たちと、さんざん日本国民の資産をアメリカに捧げた、売国奴どもを、本当に、これから処罰せねばならない。

 
風向きはもう大きく変わっているのだ。潮(しお)の流れが変わった。アメリカは没落、衰退を始めたのだ。この大きな動きは変わらない。地球上の誰にももは
や変えることはできない。 小泉純一郎が、最後の、悪あがきをしているが、こいつの画策も、今度がおしまいだったのだ。中川秀直、小池百合子(ヒラリー
派。「あなたなら出来る。私といっしょにやりましょう」とヒラリーに言われたのだろう )との連携も、うまくいかなくなっている。


 日本の官僚どもも、自己保身で、小泉・竹中には、もう近づかない。いまこそ、流れは、変わったのだ。 今度の小沢への検察を使った卑劣な攻撃程度(小さなクープ coup 、小型クーデター)で、小沢が倒れるものか。馬鹿野郎どもめ。

 
それよりも、今のうちに、テレビでの発言とかで、新たなアメリカ屈従派の若手の自民党政治家とか、それよりも悪質な、日本の民主党内の、アメリカの手先どもで、小沢執行部に、楯突いて、小沢を、アメリカと連携して、倒そうとしている連中だ。この連中を、今のうちに、識別して、一覧表にして、この者たちの背
後からの攻撃を、国民監視の下の置いて、封じ込めなければいいけないと、私は、戦略家として思います。


 その他に、各省官僚(警察、検察、裁判所を含む)の官僚たちで、アメリカ留学をさせてもらっている連中で、アメリカの息が掛かっている者たちの、一覧表を作成しなければいけない。

 彼らの中には、財務省や、金融庁の幹部になっている者たちや、その先輩たちで、IMFや世界銀行の理事でニューヨークに出向、駐在していた連中を、数千人、リストアップして、彼らの暗躍と、うごめきを、調査しなければいけないと思います。

 
検察、警察、司法官僚であれば、痴漢冤罪(ちかんえんざい)で、大企業の幹部の中の、愛国者(アメリカにこれ以上、お金を貢ぐのは、おかしいと言う者た
ち)を、どんどん 嵌(は)め落とす係の、警察、検察官そして裁判官たちまでがいる。特殊なチームを作っている。全員が、アメリカのCIAとか財務省シークレットサービス(理財局)などへの出向、留学組である。恐ろしいことだ。

 
この者たちを、あぶりださなければならない。 そうしないと、大組織にいる、日本の愛国者たちが、恐ろしい危険に晒(さら)される。通勤電車の中で、痴漢
をしたというでっち上げで、逮捕、勾留して、起訴して、社会的に辱めを与えて、失脚させる、という鬼のような手法を取る。アメリカの政治官僚、弾圧官僚、国家情報組織の、恐ろしい手口を、日本にも「輸出、教育」しているのである。
 
 まず私が、この者たちの一覧表を作っている。私の真実を大きく見抜く力と、政治・体制分析の眼力を甘く見るな。 なんなら情報公開請求してやろうか。野党の政治家も国政調査権を使えば、このリストアップができるはずだ。しかし、民主党の中にも小沢一郎の背中を後ろから突き刺そうと考えている政治家もいるから、それができないのだろう。

 
ただし、このあと日本に小沢民主党政権が、出来たからといって、景気が回復するとか、日本人が皆、幸せになれる、というようなことはない。民主党政権が出来ても、諸外国と同じように、日本も、この先、もっともっと大不況が続くのだ。国民にとってはもっと厳しい時代になる。 それはどうにもできないのだ。

 
だから、すぐに民主党政権に対する、国民の不満が高まったとして、半年ぐらいで、民主党政権を、打倒するという動きが出てくるだろう。利権を奪われる官僚もが仕組む。アメリカの手先どももそれに連携する。現実主義の、きたないことの大好きな、生来の右翼体質の、ユダヤ人的な強欲人間の経営者層の人間たちが、「もとの自民党の方がよかった。自民党の政権に戻せ」という策動をするだろう。


 だから、それらに対して、今のうちから、「民主党政権が出来たからといって、急に景気はよくなりませんよ。もっとひどい政治混乱がおきるでしょう。その時でも国民は我慢して、民主党政権を支えよう」

 
「今は、生みの苦しみのときだ。アメリカがあやつる汚れた自民党政治家たちと官僚たちから、日本の本当の民主政治を取り戻すための、苦しい時期だ。この苦しみを国民が共に味あわなければ済まないのだ」ということを、国民的な合意として、今のうちから話し合わなければいけない。

 
そして、アメリカの悪質な日本支配を辞めさせ、官僚ども(裏の暴力団、警察、税務署=公設暴力団)による政治を廃止し、アメリカによる日本国民のお金の更なる奪い取りを、なんとしても阻止しなければならないのだ、ということを、日本国民の意思の一致として皆で理解し、大きく団結しなければいけない。


私、副島隆彦は、このように考えています。 今日は、これぐらいにしておきます。 副島隆彦拝 <後略>

【転載終了】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック