シオニズム≠ユダヤ

ユダヤ人とは何か?
聖書によると、創世記にあるヤコブ=イスラエル(別名)以下の
末裔と言うことが出来る!!



 ヤコブはイサクの子であり、イサクはアブラハムの子である。アブラハムはノアの子セムの末裔テラの子である。アブラムから、アブラハムになった。これは創世記に書いてある。割礼をを持って、ユダヤ人というならばアブラハム以下であろうが、ヤコブがイスラエルと名乗った辺りから、ユダヤ人と考える方
がすっきりする。


 この意味で、ユダヤ人はセム系である。他にハム系がある。ノアの洪水以後、諸国民は地に広がったと聖書にはあるから、聖書で言う諸国民は、セム系とハム系である。ハムは勿論、ノアの子である。

 何を言いたいのかというと、ユダヤ人の定義は、今、ユダヤ教を奉ずる民としているが、本来これは根拠がない。後で作られた欺瞞と言うことが出来る。セム系の聖書(旧約聖書)を奉ずる民というならば、上記の通りになる。聖書によれば、セム系は多分、日本人もそれに含まれるかも知れない。アブラハム
はカナン(ハム系)に主の命により旅立ったとあるが、本来、東に広がった民はセム系である。マゴク(ロシア?)等は、ハム系である。アシュケナジー(ドイ
ツ系)ユダヤ人もハム系である。これは創世記を読めば、誰でも分かる。


聖書をすべて基準に考えるつもりはないが、世界の動きはその聖書に何らかの焦点を合わせて動いていることは、否定しようがない。聖書を知らずして、悪魔主義もNWO(ニューワールドオーダー)も、ぼやけてしまう。

 シオニズムにいたって、全くそうである。根拠は、この創世記にあるカナンの地をアブラハム以下の民に与えるとの契約に基づいている。それを理由にしているが、いわゆるシオニストとは、ほとんどがアシュケナジーユダヤ人であって、ハム系の改宗ユダヤ人である。ユダヤ教に改宗しているが故のユダヤ人であるから、本来、聖書で言うところのアブラハム→イサク→ヤコブ(イスラエル)のユダヤ人ではない。


Photo
Photo_2
Photo_3

<上記写真は、正当派ユダヤ人を迫害する偽ユダヤ人>

 そこにシオニズム≠ユダヤの明確な根拠がある。

 シオニズムは、ユダヤ人問題ではなく、ユダヤの名を借りた、あるいは悪用したカルト主義の陰謀工作なのである。丁度、△蓮宗を乗っ取って、○田教にすり替えた、○×学会のようなものと考えると分かり易い。これに類する事例は、大なり小なり無数にある。

 シオニズムには、根拠がない。理由を捏造しているだけである。聖書によれば、アブラハムに主の命はカナンを与えるとあるが、侵奪せよとは一言も書
いていない。ハム系のカナンの地は、元はと言えば、ノアの子ハム、即ち、セムの兄の子、カナンより生まれた地である。主の命が、那辺にあるかは知らないが、セムがハムに服するとは最初から創世記にあるから、想像出来るが、アブラハム、イサク、そしてヤコブ(イスラエル)は、義(正義)を持って、カナンに入り、すべて、契約(約束事)に基づいてカナンに広まったことは明らかだからである。


 ユダヤ人は本来、義に篤く、契約を重んじ、主の命に素直に従った。シオニストユダヤ人は偽ユダヤ人である。ユダヤ人を騙る、改宗ユダヤ人である。
改宗ユダヤ人はユダヤ教を騙るカルト集団である。その証拠に、彼らは聖書に準拠していない。旧約聖書を読み、学んでいない。彼らの教義は、タルムードである。法華経に準じていない○田教と同じようなものだ。


 ちなみに○一教会は、キリスト教ではない。これも言うまでもないが、上記理由と軌を一にする。カルトである。カルトは本来のあるべきものに巣くい、利用して、偽の理念にすり替え、本来から全く正反対なもの、悪魔的なるものをすり込む事を目的とする。これは、小さな団体から、世界的宗教団体バチカンまで万遍なく広がる。これを見抜く目を持たねばならない。

【転載開始】正統派ユダヤ教徒の声明

反シオニストの正統派ユダヤ教徒の声明、Neturei Karta

われわれ正統派ユダヤ教徒は世界に向かって強く呼びかける。シオニスト国家の野獣たちよ、パレスチナ国民を傷つけることをやめなさい。われわれ正統派ユダヤ教徒は血塗られたテロリズムと、シオニストの殺人機会のギャング行為を非難する。60年もの間、シオニストの殺戮者たちはパレスチナ人を追い出し、パレスチナをゲットー化し、占領し、テロ行為を仕掛け、人々を殺してきた。パレスチナ人たちは、彼らの歴史的な故郷で自分たちの権利が回復されるのを望んでいるだけなのだ!

Mar. 01/08 3月1月8日【転載終了】

【元記事転載】Mar. 01/08
URGENT STATEMENT FROM ANTI-ZIONIST ORTHODOX JEWS IN ZIONIST-OCCUPIED PALESTINE

We Orthodox Jews cry out to the world to stop the wild beast of the Zionist State from destroying the Palestinian People!

We Orthodox Jews condemn the murderous terrorism and gangsterism of the Zionist murder machine!

For sixty years the Zionist butchers have been expelling, occupying, ghettoizing, terrorizing and killing Palestinians who simply want their rights restored in their homeland of historic Palestine!

How long will the World Powers stand silent at Zionist terrorism and barbarism? Will the world wait until millions of Palestinians are finally starved to death to mourn the extinction of the Palestinian
People, G-d forbid?


We also condemn the current onslaught of the Zionist military machine in its wicked and cannibalistic campaign on the suffering and innocent
occupied people of Gaza in violation of all international concepts of law, justice and peace!


We call on all peace-loving nations to take every measure to stop the madness unleashed by the Zionists and to restore the rights of the Palestinians, thereby ending all suffering and bloodshed of all people in historic Palestine!

The Zionist terrorist machine and its regime in occupied Jerusalem do not represent the Jewish People and religion. They may call themselves
Jews, but they are not following the Jewish religion. They are barbarians and butchers! They defile and desecrate the holiness of our religion, of our Torah!

We pray for the rapid restoration of the rights of the Palestinians throughout historic Palestine, and for the establishment of a free Palestine throughout historic Palestine, and for the Zionist regime to
be dismantled and expelled from the entire Holy Land.

We offer our deepest condolences and sympathy to the entire Palestinian People who must constantly face the effects of Zionist terrorism, and specifically to the families of all those who have been wounded and killed due to the Zionist war machine, may it soon be obliterated.


May we all see the revelation of G-d in the entire world and serve him in truth and peace. Amen. INSHALLAH!


Neturei Karta
Jerusalem, Palestine【元記事転載終了】


【転載開始】2009年06月13日

シオニズム≠ユダヤ

アイクのニュースレターより

部屋の中に象

ele.jpg

しかし、それを見る者は「RACIST人種差別者」となる

シオニズムという政治的信念は大きな耳をしていて長い鼻がある。思うに、今こそそれが指摘されるなければならない。シオニズムは私達の生活にあらゆるレベルで押し寄せており、それもまた語られるべきだ。

見え見えの真実をあえて口にすれば「反-セム(反ユダヤ)」と呼ばれる。そんな恐怖を利用することで、シオニズムは政治、企業活動、銀行、メディアの大部分を乗っ取って、人々の心を挟み撃ちにしている。一般的な認識ではシオニズムとユダヤ人を同一視しているが、これによって奴らはそんなふうにできるのだ。

しかし、それは違う。
ロスチャイルド家がイルミナティの血流の各一族の目的を進めるために唱えている政治信条がシオニズムだ。なお、イルミナティの一族の大部分はロスチャイルドに支配されている。


シオニズムについて思いをめぐらせば、ユダヤ人を思う。イスラエルを考えるのは、ユダヤ人について考えることだ。そんなプロパガンダがあるので、そう考えるのも無理のないことだ。
しかし、その反応は私たちを全く誤った方向へ導いているので、このシオニズム=ユダヤという連想を壊してしまわないと、今ここで何が起こっているかを理解することはできない。


イスラエルがロスチャイルドを意味するように、シオニズムはロスチャイルドを意味する。
世界各地で異常なほど多くのシオニストが重要な地位についているわけだが、それを見たら、私たちは「ユダヤ人のマニピュレータ(manipulating Jews)」ではなくシオニストのマニピュレータ(manipulating Zionist)がロスチャイルドの利害と要求、また、地球一極独裁のアジェンダの代理人をつとめていると見るべきだ。


elet_1.jpg

「反シオニズムは反ユダヤではない」

【転載終了】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月01日 14:37
訪問です。

良かったら私のブログに来てくださいね!

仲良くしてください。

これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです

この記事へのトラックバック